記事一覧

1955年にロレックスはRef.6538 サブマリーナーを発表し、防水表示の規格は即座に増加し始めた。

1950年代初頭、ブランパン(フィフティ ファゾムス)とロレックス(サブマリーナー)が、現在我々がモダンなダイバーズウォッチと呼ぶにふさわしい第1世代を発表した。50ファゾムスは91.44m、初代サブマリーナーは100m防水であり、機能的にはほぼ同等であった。1955年にロレックスはRef.6538 サブマリーナーを発表し、防水表示の規格は即座に増加し始めた。Ref.6538 サブマリーナーでは200mであった。その水深では、水圧は地表の大気圧の20倍に相当する20バール(1平方インチあたり約290ポンド、海面では14ポンド)となる。

2022新作 ロレックス サブマリーナー デイト 18 ct イエローゴールド 126618LB

モデルケース
オイスター、41 mm、イエローゴールド
直径
41 mm
素材
18 ct イエローゴールド
ベゼル
60分目盛り入り逆回転防止、セラクロム、刻印された数字と目盛りはゴールドコーティング
リューズ
スクリュー式、トリプロック(三重密閉構造)
クリスタル
傷防止サファイア、日付表示部にサイクロップレンズ
防水性
300m/1,000フィート防水
ムーブメント
パーペチュアル、機械式、自動巻

ある意味では、1960年にロレックス ディープシー・スペシャルがバチスカーフ・トリエステ号に乗ってマリアナ海溝の底に到達し、バチスカーフと時計が1万916mの水深に達したときに、この記録はほぼ永久に更新されることになった。ロレックス ディープシー・チャレンジは、2012年にジェームズ・キャメロン監督の実験用潜水艇に乗って水深1万898mに到達した。ディープシー・スペシャルとディープシー・チャレンジは、2012年モデルが直径51mm、厚さ28.5mm、1960年モデルが直径42.7mm、厚さ36mmと、ともに巨大サイズ(あるいは“リヴァイアサン(化け物)”というべきか)であり、決して腕にフィットするとはいえない。ディープシー・チャレンジの耐圧水深は1万2000m。つまり、このモデルを実際に潜らせることができる場所は、文字どおり地球上のどこにもない。

2019年、新たな記録が打ち立てられた。同じく探検家であるヴィクター・ヴェスコヴォ(Victor Vescovo)が、潜水艇、リミッティング・ファクターで水深1万928mに到達したのである。その際、オメガの実験的な3本の時計が同行した。“ウルトラディープ”と名づけられた時計だ。そのうちの1本は、スカフ(Scaph)というROV(遠隔操作型の無人潜水機)に装着されていたが、海底の泥濘で動けなくなり、2日間回収できなかった。しかし、回収できた折にはウルトラディープは完璧に動作していた。ソナー調査によって海溝のさらに深い場所が発見されない限り(あるいは穴を掘るのは不正行為となる)、この記録がすぐに破られることはなさそうだ(ウルトラディープは実験室の圧力チャンバー内で1万5000mまでテストされた)。

1960年代、レクリエーション用のダイビングが普及し、ダイバーズウォッチの製造は、ごく少数のブランドによる高度に専門的な技術時計製造から、数十のブランドによって行われるようになった。1962年、初の500mダイバーズウォッチ、アクアスター ベントス 500Mが発表された。1000m防水のダイバーズウォッチを初めて製造したのは、ダイバーズウォッチの愛好家以外にはほとんど知られていないブランドである。1964年、ジェニーの“カリビアン”が1000m防水ダイバーズウォッチとして登場したのだ。


【関連記事】:ディオール バッグ 偽物 見分け方

今日、ブライトリングはすべての人に見てもらえるよう、この時計を展示している。

ブライトリングは時計を見せるだけでなく、この時計がこれまでどのように過ごしてきたかを証明する資料や情報を提供してくれた。1962年5月24日に軌道上で76021マイルを走破したのち、この時計はかなり控えめな生活を送ってきたことがわかった。この時計は、ブライトリング社の3代目オーナーであるウィリー・ブライトリングが1962年から、1979年に亡くなるまで所有していたものである。彼の死後、彼の妻がこの時計を相続し、彼女の死後、この時計は彼らの息子であるグレゴリー・ブライトリング(Gregory Breitling)氏の所有物となった。グレゴリー・ブライトリング氏は、現在もこの時計をプライベート・コレクションとして所有している。しかし最近、彼はカーペンターの飛行60周年を記念して、この時計を世界に公開することを決意したのだ。

ブライトリング クロノマット44 MOP リミテッド A011BMPPA 新品腕時計メンズ送料無料

品名 クロノマット44 MOP リミテッド
Chronomat 44 MOP
型番 A011BMPPA
素材 ケース ステンレススチール
ベルト ステンレススチール
ダイアルカラー ブルー
ムーブメント 自動巻き
Cal.ブライトリング01 クロノメーター搭載
防水性能 500m防水
サイズ ケース:43.5 mm(リューズ除く)
メンズサイズ
ガラス サファイヤクリスタル風防
仕様 クロノグラフ 回転ベゼル 日付表示
付属品 ブライトリング純正箱付・国際保証書付
ブラックMOP(マザー・オブ・パール)文字盤のスペシャルエディション 国内限定400本の希少モデル 初の自社開発ムーブメント「01」搭載 500m防水のダイバークロノグラフ

この時計がどのようにしてグレゴリー・ブライトリング氏の金庫に眠ることになったのか、そして今日、一般の人々の目に触れることになったのかを理解するために、まず、宇宙に夢中だった時計愛好家と時計に夢中だった宇宙愛好家という2人の青年の物語から始めてみよう。

1913年に生まれた時計師ウィリー・ブライトリングは、1950年代後半に宇宙開発計画に強い関心を抱くようになった。マーキュリー号の宇宙飛行士スコット・カーペンターは1925年生まれで、腕時計が宇宙探査の重要なツールになると信じていた。 ブライトリングとカーペンターは共に強い好奇心を持ち、新しい道を切り開く勇気を持ち、問題解決に全力を尽くしたのだ。

【関連記事】:たくさんの荷物を持ち運べる♡ビッグバッグ

【2022年春夏新作時計速報】“シチズン”が2022年の最新作をバーチャル空間“シチズン タイムレス・シティ”で発表

“シチズン”はオンライン上で時にまつわる様々な体験ができるバーチャル空間の街“CITIZEN Timeless City(シチズン タイムレス・シティ)”内に、タグホイヤー アクアレーサー2022年の新製品発表特設会場をオープン。腕時計の魅力に触れ、心躍る体験をしていただくことを願って生まれたバーチャルな街で、新作時計のご紹介とシチズンの腕時計への想いを伝える。
【新作発表会場】
CITIZEN Timeless City
https://citizen.jp/event2022/newproduct/index.html
【発表商品ダイジェストご紹介】
ザ・シチズン
メカニカルモデル Caliber 0200 限定モデル

■Ref.NC0206-18E。SS(40mm径)。5気圧防水。自動巻き(Cal.0200)。世界限定90本。価格未定(2022年秋冬発売予定)
 日本の甲冑に着想したソリッドなケースと文字盤が特徴的。高い硬度と美しいブラックカラーが特長のジルコニアセラミック製のベゼルは上面をヘアラインで仕上げ、ミラーとヘアラインで磨き分けたステンレススチールケースと組み合わせている。
 槌目模様のような凹凸を電鋳で表現した文字盤とのコンビネーションが甲冑のようにソリッドな印象をもたらしている。
 姫路黒桟革を使用したベルトは、まるで小さなダイヤの粒を無数に散りばめたように美しい外観。手作業でシボに漆を施し、乾燥と塗りを繰り返すことで作り出す、深みのある黒い艶と量感が魅力だ。モノトーンで構成されたケース、べゼル、文字盤とベルトの質感のコントラストが、機能性と装飾性を備えた美しさを表現。
 クロノメーターを超える時間精度、平均日差-3~+5秒の高精度と審美性を兼ね備えたムーヴメントには、シチズンとラ・ジュー・ペレ社双⽅のノウハウを活かした仕上げを施している。
 シースルーバック仕様の裏ブタからは限定モデルだけのK22製の回転錘を備えたムーヴメントを視覚的に堪能できるのも見逃せないポイントだ。
ザ・シチズン
Caliber 0100 高精度年差±1秒 エコ・ドライブ

■Ref.AQ6110-10L。スーパーチタニウム(37.5mm)。5気圧防水。光発電エコ・ドライブ(Cal.0100)。価格未定(2022年秋冬発売予定)
 今回発表する新作モデルは、蓼藍(たであい)という植物の葉を乾燥、発酵させてつくる蒅(すくも)をもとに、木灰汁(もくあく)などを加えて染液を発酵させる日本の伝統技法 ’’天然灰汁発酵建て(てんねんあくはっこうだて)”で染めた土佐和紙文字盤が大きな特徴。ジャパンブルーともよばれる深みがあり冴えた色合いが美しい藍色に手染めした和紙文字盤はブランド史上初の試みだ。
 搭載されたCal.0100は、電波塔や人工衛星からの時刻情報に頼ることなく、自律した時計内部の機構だけで、年差±1秒という極めて高い精度で時を刻み続ける。正面から見たときにぴたりと美しく切分に重なる秒針や、⾼精度を司るクリスタル(=結晶)をモチーフとしたケースのラグなど、細部に年差±1秒という卓越した精度を感じさせるデザイン。
 軽くてキズに強いスーパーチタニウのケースにあわせた竹斑が美しいワニ革ベルトはサステナブルな時計づくりの一環としてLWG(レザーワーキンググループ)認証を受けたタンナー(製革業者)で生産されたものを使用している。
 この製品は特定店限定モデル。“シチズン フラッグシップストア”及び “シチズン プレミアムドアーズ”のみの取り扱いとなるようだ。
ザ・シチズン
高精度年差±5秒 エコ・ドライブ

■Ref.AQ4091-56M。スーパーチタニウム(40mm径)。10気圧防水。光発電エコ・ドライブ(Cal.A060)。価格未定(2022年秋冬発売予定)
 こちらのモデルの文字盤にも、色合いが美しい藍色に手染めした和紙文字盤が採用されている。
 定期的な電池交換が不要の光発電エコ・ドライブで、年差±5秒という高精度を誇るムーヴメントを搭載。ザ・シチズンの日付つき年差精度のエコ・ドライブ時計は全て、2100年2月28日までうるう年などの月末カレンダー修正が不要なパーぺチュアルカレンダーを搭載しているのが特徴。さらに、強い衝撃などによる針ズレから守るシチズン独自の衝撃検知機能や、たとえ針ズレが生じた場合でも自動修正する針自動補正機能、0時ジャストカレンダー更新機能を備えているのもユーザーにとってうれしい点だ。
 ケースとベルトはシチズンの表⾯硬化技術デュラテクトを施したスーパーチタニウムを採用。ステンレスより約40%軽く、耐傷性に優れ、錆びにくく、肌に優しいという腕時計に最適な素材となっている。
シチズン シリーズエイト
870 Mechanical 1周年記念限定モデル

■Ref.NA1025-10E。SS(40.8mm径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.0950)。世界限定700本。価格未定(2022年秋冬発売予定)
 2体構造のベゼルが目をひくケースを、ヘアラインとミラーで磨き分けDLC加工。ブラックカラーのインデックスと針を備えた文字盤素材にはカーボンを用いて躍動感あふれる印象に仕上げられている。シースルーバック仕様の裏ブタを通して、テンプや回転錘の動きを楽しめる。
 スマートフォンやタブレット等から発せられる磁力による時計の時刻精度への影響を防ぐ耐磁性能を強化。加えて平均日差-5~+10秒、駆動時間約50時間の実用性を兼ね備えている。
 他にも様々な最新作が確認できるため、同ブランドのバーチャル空間に訪れてみてはいかがだろうか。
【画像】シチズンの2022年最新作をさらにチェック!


シチズンお客様時計相談室
TEL.0120-78-4807
https://citizen.jp
完売必至ウブロ 時計 偽物 ビッグバン 透明ケース 限定生産500本 hub51282
https://www.ankopi.com/Uploads/202201/61e919f2ee594.jpg />
ウブロ 時計 偽物 ビッグバン ウニコ サファイア 限定生産500本
型番:411.JX.4802.RT
機械:自動巻き
材質名:サファイアガラス
ブレス ストラップ:ストラップ
タイプ:メンズ
文字盤材質:スケルトングラスファイバー
文字盤特徴:アラビア
外装特徴:シースルーバック
ケースサイズ:45.0mm
防水性能【公称】:50m
機能:デイト表示 フライバッククロノグラフ
付属品:内箱/外箱自分へのご褒美に、
大切な方への贈り物にも最適です。
お早めに〜♪



超話題!タグホイヤー アクアレーサークォーツ コピー クロノグラフ 直径 43 mm CAY111B.BA0927
https://www.ankopi.com/Uploads/202111/6196007546aad.jpg />
タグホイヤー アクアレーサークォーツ コピー クロノグラフ 直径 43 mm CAY111B.BA0927

サイズ
43 mm
ベゼル
回転式ベゼル スティール アルミニウム
素材
スティール製 サテン/ポリッシュ仕上げ
リューズ
ねじ込み式 スティール製※カラー:写真どおり(実物撮影)
※レベル: 1対1(N級品)
※付属品:保存袋
※写真を見れば分かる高品質!それに実物は写真よりよほどいい!
※手頃の価値でいい商品が手に入れる!!


【関連記事】:hacopyスーパーコピー 大丈夫?

人々と腕時計との関係性やその意義に変化をもたらします

タイプ1 スリム X では、ダークオリーブグリーンのダイアルが半分ずつ異なる仕上げで作られ、午前零時と正午の表示を区別しています。片方の半分はマット仕上げ、もう片方はサーキュラー仕上げになっています。オメガの腕時計光が2 種の異なる仕上げの表面に当たると、一つの色に対して異なる解釈が生じるという、遊び心溢れるアプローチです。
分表示および時表示ディスク上では、2 種の異なる仕上げはグラフィックな針の拡張を担っています。ひとたび時計が動き出すと、この魔法のような仕組みは新しい意味を帯びます。ひと目で、文字通り時が経過する様子を目の当たりにすることができるのです。これは、砂時計の現代的かつウェアラブルな解釈として意図されています。



新作 オメガ スーパーコピー デビル アワービジョン 431.63.41.22.13.001

詳細情報
カテゴリ:オメガ デ・ビル(新品)
型番:431.63.41.22.13.001
機械:自動巻き
材質名:レッドゴールド
ブレス・ストラップ:ストラップ
タイプ:メンズ
カラー:ブラウン
外装特徴:シースルーバック
ケースサイズ:41.0mm
機能:耐磁、年次カレンダー
付属品:内箱、外箱、ギャランティー

人々と腕時計との関係性やその意義に変化をもたらします。コレクションX は、ブランドの創業10 周年を記念すると同時に、ブランドマニフェストを具現化するものです。まず視覚的に、ラテン語で10 を意味する“X”と砂時計のマークを融合させ、このコレクション専用のシンボルをつくりました。タイプ1 スリム X の時表示ディスクに、この新しいシンボルが異彩を放ちます。コレクションX の4 モデルはそれぞれ40 本のみ限定生産され、どれもダークオリーブグリーンカラーを基調としています。



腕時計のように、主にツールとして設計されたオブジェクトは、時とともに進化する必要があります。「タイプ1 スリム X」では、刻々と変化する、レッセンスの象徴的なダイアル上のディスクに手仕事による絶妙な改良が加えられています。
これまでのレッセンスと変わらず、新しいデザインは機能性主導で生まれたもの。その背景には、レッセンス・オービタル・コンベックス・システム(ROCS)と名付けられた、ディスクが軌道に乗って互いを追いかけるように常に動き続ける機構を搭載した自社開発(特許取得済み)の時計構成パーツユニットがあります。

オメガ「スピードマスター クロノスコープ」

この新作は、1940年代から続くオメガのクロノグラフの歴史からインスピレーションを得て誕生した。クロノスコープという言葉は、ギリシャ語の伝統的な2 つの表現を組み合わせたもので、時間を意味する "Chronos:クロノス "、そして観察することを意味する"Scope:スコープ "からなり、ある事象の持続時間を正確に把握するための装置を意味する。オメガ時計 アンティーク今回、新たに発表した43 mmサイズの「スピードマスター クロノスコープ」は、精巧な文字盤に以下の3つのスケールがプリントされている

クロノスコープのデザインには、オメガの歴史に対するオマージュが表れている。1940年代のオメガのクロノグラフに採用されていた“スネイル”デザインがダイアルに施されているほか、20 世紀の特徴であるリーフ型の針や、ダイアルのアラビア数字の下をエレガントに流れる“スパイラル”トラックパターンも取り入れている。

ケースバックのサファイアクリスタル越しに見えるのは、美しい仕上げが施された新しい手巻きのコーアクシャル マスター クロノ メーター キャリバー 9908 。特に目を見張る特徴は、ブリッジのデザインだ。アラベスク模様のジュネーブ装飾仕上げが、ムーブメントの中心からではなく、てん輪から始まっているが、これはオメガにとって初めての試みとなる。またこの時計のパワーリザーブを向上させるため(60時間)、 オメガは耐摩耗性のあるダイヤモンドライク カーボンコーティングを施したツインバレルを導入した。

スピードマスター ムーンウォッチ 321 ステンレススティール

昨年、オメガから復刻が発表された cal.321の、今年発表となったSSモデル、「スピードマスター ムーンウォッチ 321 ステンレススティール」が日本初入荷したのでレポートします。

忠実に復刻された直径39.70mmケース


クラーレのアンジェリコを分析した際、チェーン・フュゼの弱点として認識していた「巻き上げと放出が同じ端から行われるので巻き上げに特殊な機構が必要」を(遊星)差動歯車を使う事でスマートに解決できることが分かりました。
古典的なフュゼでは逆回転の巻き上げの力が輪列に伝わらないようする2重のラチェット(デテント)と、巻き上げ時にトルクが途切れる問題を解決するための補助動力Maintaining springが用いられますが、ラチェット爪の抵抗がなくなること、内歯車さえ作ることができればよりシンプルな構造になるというメリットはあると考えています。

さて、遊星差動歯車で同じ端から巻き上げるという視点で見るとハイテクワイヤーを使ったクラーレの方法は「現代だからできる」言う方法であるといえます、同様に高弾性ゼンマイが開発された現代だからこそできるコンスタントスプリング(定トルクバネ)を用いた興味深い作品として、永遠の時財団とウルベルクのNaissance d’une Montre 2があります。
以前にも少し触れましたが、改めて解析してみたいと思います。



アップサイドダウンで、輪列は全部見えているので解析は容易…と考えるといきなり引っかかるポイントがあります。
通常の設計であれば香箱は1番車で、それに2番車が噛み合い4番車まで加速、ガンギ車までトルクが伝わります。
しかし、Naissance d’une Montre 2では数えると、歯車が1枚少なくなっています。

これは、香箱同軸に巻き上げ機構を兼ねた遊星差動歯車機構による加速ギアが設けられており、1番車に見えるものは香箱同軸の2番車だからです。
この2番車の回転は1:1の伝え車でセンターの表示用歯車に伝えており、ある意味オフセット輪列ともいえます。

グランドセイコー、革新的な次世代メカニカルムーブメントを搭載した ブランド誕生60 周年記念限定モデルが登場

セイコーウオッチ株式会社は、国産腕時計を代表する<グランドセイコー>の誕生60 周年を記念し、2020 年に発売した革新的なメカニカルキャリバー9SA5 を搭載した初のステンレススチールモデルを12月11日(金)より数量限定で発売いたします。ジラール・ペルゴ 時計希望小売価格は1,100,000 円(税込)(税抜1,000,000 円)です。

<グランドセイコー>は1960 年、当時の技術、技能の粋を結集し誕生しました。以来、最高峰の腕時計を目指し、正確さ、見やすさ、美しさといった腕時計の本質を高い次元で追求・実現するための弛まぬ進歩を重ねることで、ブランドの伝統を築き上げ、今年、誕生60 周年を迎えております。

本作では「メカニカルハイビート36000 80 Hours」のキャリバー9SA5 を搭載し、60年の伝統と革新を体現するモデルとなっております。


【特徴】
一般的に駆動時間が短くなるハイビートムーブメントでありながら、最大巻上時約80 時間の長持続を実現した、世界最高レベルの機械式ムーブメントを採用。

従来のグランドセイコーに搭載されている毎時36,000 振動のハイビートムーブメント(9S8 系)は、最大巻上時約55 時間の駆動時間でしたが、「キャリバー9SA5」では、高効率な脱進機やツインバレル(二つの動力ぜんまい)を採用することにより、毎時36,000 振動のハイビートでありながら最大巻上時約80 時間駆動の大幅な長持続を実現しています。
革新的なムーブメント9SA5 を搭載した、初のステンレススチールモデル。

グランドセイコーが受け継ぐデザイン文法「セイコースタイル」を基本としながらも、全ての原点である初代グランドセイコーの意匠を見つめ直し、視認性や装着性を高めた、新しい時代のグランドセイコーをけん引する普遍的なデザインです。
 
9SA5 を搭載した初のステンレススチールモデルで、低重心のケースデザインと従来のメタルバンドよりも駒の幅を広くとることで、優れた装着性をもたらしています。
ブランドを象徴する特別なカラーである「グランドセイコーブルー」のダイヤル。 
ダイヤルには、ブランドを象徴する特別なカラーである「グランドセイコーブルー」を採用。
秒針の鮮やかな赤色には、グランドセイコーのものづくりへの情熱が込められています。



ケース:ステンレススチール
防水性能:日常生活用強化防水(10 気圧防水)
ケースサイズ:[外径] 40.0mm(りゅうず含まず) [厚さ] 11.7mm
販売数量:世界限定 1,000 本
国内取扱店:グランドセイコーブティック、グランドセイコーサロン、グランドセイコーマスターショップ
発売予定日:12 月11 日(金)

オメガ ファミリーに韓国スターのヒョンビンが仲間入り!

オメガはこの度、韓国のスターであり、日本でも絶大な人気を誇る俳優のヒョンビンをオメガ ファミリーの一員として迎え入れたことを発表いたします。


類稀なる魅力と俳優としての優れたキャリアでその名を知られるヒョンビンは、これまでアクションからドラマまで幅広い役柄を演じてきました。オメガ時計 メンズブレイクのきっかけとなったのは2005年に放送されたTVドラマ『私の名前はキム・サムスン』でした。
ブレイク以降、ヒョンビンは数多くのテレビ・映画作品で主役を務め、数々の名誉ある賞レースでのノミネートや受賞を重ねてきました。第47回ペクサン芸術大賞ではTV大賞を受賞しています。

オメガ社 社長兼CEOのレイナルド・アッシェリマンは、
「ヒョンビンは素晴らしい演技力を持った役者です。彼は自信に溢れています。我々は、彼が彼の仕事を通じて表現している卓越性と細部へのこだわりを讃えています。なぜならそれはオメガが大切にしている資質でもあるからです。さらに、彼のスタイルは非の打ち所がなく、その完璧なスタイルとオメガの名高い時計との融合を我々はとても楽しみにしています」と語りました。

今回の発表を受けてヒョンビンは
「オメガのパイオニア精神と技術革新への姿勢は、長い歴史をかけて本物であると証明されています。彼らは歴史上、数多くの“最初の一歩”を刻んできました。私は今後オメガの哲学とメッセージを世に届け、共に新しい歴史を創っていければと思っています」と述べました。



最近の活躍として、ヒョンビンは2019年のヒットドラマ『愛の不時着』にて北朝鮮の将校リ・ジョンヒョクを演じています。このドラマは現在190カ国で放映されており、日本でも社会現象を巻き起こしました。2020年には、イ・ジョンソク監督のサスペンス映画『ザ・ネゴシエーション』にて主役の北朝鮮エージェントを演じています。

ヒョンビンはオメガ ファミリーに仲間入りしたことで、その他の著名なファミリーメンバー達と肩を並べることになります。ジョージ・クルーニー、ニコール・キッドマン、シンディー・クロフォード、ダニエル・クレイグやエディ・レッドメインなどエンターテイメント業界からの錚々たる顔ぶれに加え、数多くのスポーツ選手や探検家にも有名オメガファミリーが揃っています。

ノモス グラスヒュッテ、人気の定番 “ラドウィッグ”に「エナメルホワイト」モデル2型を追加

ノモス グラスヒュッテ、人気の定番 “ラドウィッグ”に「エナメルホワイト」を追加

ドイツの時計ブランド「ノモス グラスヒュッテ」より、タンジェントと並び人気の定番モデル「ラドウィッグ」のバリエーションとして、艶やかなエナメルホワイトの文字盤を採用した新しい顔を持つ新作2型が発売開始されました。


グラスヒュッテ、2020年12月。今年も街にクリスマスがやってきました。この冬はノモス グラスヒュッテから二つの新作の贈り物があります。
タンジェントと並び人気の定番モデル・ラドウィッグがクラシックな装いを進化させ、新しい顔を持つ艶やかなエナメルホワイトの文字盤で2型登場いたします。
この新モデルはグラスヒュッテ175年記念の限定モデルで登場したエナメル調の文字盤を定番モデルにも採用し、魅力的な価格での販売となっております。



新モデルの一つは直径38ミリの少し大き目でエレガントな 「ラドウィッグ38 エナメルホワイト」、もう一つは直径33ミリの少し小さめな「ラドウィッグ33 デュオ エナメルホワイト」です。



スレンダーなポケットウオッチスタイルのケースは丁寧に仕上げられ、クラシックなスタイルを求める方たちにも応える時計となっております。それは175年前の旧東ドイツ、ザクセン州の小さな街で技術を磨き始めたグラスヒュッテの時計職人たちが求めたスタイルです。

「フォーブル・ド・クラコヴィオセアン・ドール(Faubourg de Cracovie Océan d’Or )」~ 予期せぬミラーリングのハーモニー

Czapekは、Faubourg de Cracovie(フォーブル・ド・クラコヴィ)クロノグラフの最新バージョンである18Kゴールド製のモデルを発表します。Océan d’Or(オセアン・ドール)と命名されたこのモデルは、5Nローズゴールド製が8本、2Nイエローゴールド製は2本限定の「ミラー・ピース」コレクションになります。どちらのエディションも、Czapekのシグネチャーである手作業による「レゾナンス」ギョーシェ・ダイアルを備えています。



ポーランド、ワルシャワに存在したFrançois Czapek(フランソワ・チャペック)の3番目のブティックの場所にちなんで名づけられたフォーブル・ド・クラコヴィは、オーデマピゲ グリントチャペックの洗練されたマスキュリンなクロノグラフで、これまではスティールとチタニウム製でした。

搭載されているチャペック製、キャリバーSXH3は、COSC認定、振動数5Hzの自動巻きムーブメントで、シングルバレルから約65時間のパワーリザーブを供給します。コラムホイール、ワンピースのリネア・リセット・ハンマー、垂直クラッチなど、もっとも先進的で効率的な要素を備えています。


透明なサファイア・クリスタル製のケースバックからダイアモンド・ブラスト仕上げ、アントラサイトのブリッジが見えるように仕上げられています。そして今日、ジュネーブを拠点とするメゾンは、41.5mm径、18Kゴールド製のケースとクロノグラフ・カウンター、そして魅力的なブルーの手作業による「レゾナンス」ギョーシェ・パターンのダイアルを備えたスポーティなモデルを
発表します。


交差する円形の線が浅浮き彫りに正方形パターンを形成する登録済みのユニークなデザインのルーツは、フランソワ・チャ
ペックであり、ギョーシェ・ダイアル製作のパートナーであるMetalem(メタレム)社とともに開発されました。
深みのある青い色合いは、ラ・ショードフォンに拠点を置くもうひとつのパートナーであるPositive Coating(ポジティブ・コーティング)社によって開発された特別なALD(Atomic Layer Deposition – 原子層堆積)コーティングにより実現したものです。

耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”より、シリーズ最薄のスタイリッシュな“G-STEEL”登場


今回ご案内します『GST-B400』は、これまでの“G-STEEL”で最も薄型となるケース厚12.9㎜とスタイリッシュなデザインを実現。モジュール内の部品数を減らし小型化すると同時に、配列を最適化し高さ方向を抑えた高密度実装により、薄型化と高機能を両立した新モジュールを搭載しています。フランクミュラー 時計 中古また、新モジュールの採用によるシンプルな2針化とBluetooth®システムのローパワー化で、従来モデル(「GST-B200」との比較)に比べ消費電力を55.7%低減させました。これにより、文字板に取り込む光が少なくなったため、ソーラー透過率を抑えた文字板への自由なデザインが可能となり、ブリッジパーツをあしらうなどメタルの質感が増すフェイスの表現力が広がりました。さらに、9時位置にはモードやバッテリー状態を表示するディスク針を備えるなど、視認性にもこだわっています。

『GST-B400AD/B400BD』には、高発色で個性的なカラーリングを実現する多層膜蒸着文字板を採用しています。透明な膜を何層にも重ね合わせ、光の見え方をコントロールして蒸着色を表現する手法を用い、試作を重ねながらシックなブルーと新開発の深みのあるレッドの蒸着色を施しました。

機能面では、専用アプリとの連携による自動時刻修正機能や、ボタン操作で時刻と位置をアプリの地図上にログとして管理できるタイム&プレイス機能、アプリで作成した予定を時計がリマインド通知するリマインダー機能、暗所での視認性を確保する高輝度ダブルLEDライトなど、利便性にも優れています。


いつもの「ややこしい技術」記事ですが、題材が題材なだけにアクセスが良いようで、なんと2021年3月21日現在、週間ランキング一位を頂くことができました、ありがとうございます。
前回の記事では二つの特許技術のうち、ステップセコンドを実現するCH707181A2だけを引用しましたが、ソヌリモードに関する特許、CH706080B1を読むことで、ソヌリの仕組みをより詳細に理解できましたのでレポートします。

ソヌリは独立した香箱を持ち、あらかじめ巻き上げられたエネルギーを必要に応じて解放することで鐘打ちを行う仕組みで、必要に応じてスライダで巻き上げるミニッツリピーターとはこの点が異なります。

前回と多少被りますが、ソヌリの仕組みを見ていきましょう。


ソヌリの時刻情報を読み取るラックには常に駆動軸からのトルクがかかっていますが、起動シーケンスで一瞬この力が切り離され、各ラックに設けられているスプリングによってラックがスネイルに突っ込み、「戻り量の大きさ」として時刻情報を読み取ります。
その後、再度駆動力が接続されるとラックが引き戻され、距離に応じた回数の鐘が鳴ることで時刻を知らせる…というのがソヌリの基本原理です。

この「切り離す」仕組みをより詳細に見てみようというのが今回の趣旨になります。

A.ランゲ&ゾーネ 2021新作発表会レポート~実機画像&インプレッション

フル・デジタルでの開催となった2021年の「Watches&Wonders」だったが、やはりネットを通じて得られるCG画像や動画では、その質感などのフィジカルな情報はなかなか得難いものがあるし、まだ実物を触っても見てもいないモノを、皆さまへお奨めする自信もないし、それはちょっと違う感じがして、かなり不完全燃焼気味ではある。

もちろん、この期間中に、実機を用意して日本まで送り込んでくれたブランドも幾つかあった。
"我が陣営"、A.ランゲ&ゾーネもそのひとつで、言葉だけでなく行動で日本の愛好家を重視していることを示してもらえるたので、今年の新作は好感度高しだ。



新作のうち、唯一の新ムーブである「ランゲ1 パーペチュアル・カレンダー」の実機画像ならびに技術解説はすでに紹介しているが、(参考→https://watch-media-online.com/blogs/4184/ )、残る2型の詳細を記す前に、先日、ドイツと日本とを中継でつないで行われたA.ランゲ&ゾーネ新作発表会の模様をレポートしておこう。


4月9日、都内某所、かなりシビアなコロナ感染対策を講じたうえで、そのイベントは開かれた。かなり距離を開けて並ぶ円卓、しかも着席人数は定員の半分で、なおかつ個人間はアクリル板で仕切られている。



一番興味があったのは、「ランゲ1・パーペチュアルカレンダー」のベースムーブメントを「ランゲ1・トゥールビヨン・パーペチュアルカレンダー」ではなく、「ランゲ1 デイマティック」のムーブとした理由、それぞれのメリットとデメリットについての件だったのだが、この部分の質疑応答を厳密にやるとワクワクするメディアとそうでもないメディアに分かれてしまうからか、あまり踏み込まない方向性でふわりと回答――この辺の詳細についてはいつか別記事にまとめる予定。

また、現在のコロナ禍の影響については、シュミットCEOから『最初のロックダウンでは減産したが、その後はいろいろと工夫をする時間があったので、2回目以降のロックダウンの影響はさほど大きなものではなくなっている。しかし何よりも重要で誇るべきことは、工房内で時計師や社員の感染がないことだ』という回答があった。

そしてクエスチョン&アンサーの後、実機のタッチ&トライ。
まずは「ランゲ1・パーペチュアル・カレンダー」に。

エドックスが 2021年限定モデル「クロノオフショア 1 クロノグラフ リミテッドエディション」グリーンダイアルを発表~タフネスとエレガンスを併せ持つタイムピース

1884年創業の歴史あるスイス時計ブランド<エドックス>の 、 飽和潜水500 mのハイスペックダイバーズ 「クロノオフショア 1」 より 、 新しいカラーバリエーションである、グリーンのダイアルとベゼルを採用した限定モデルが登場。 2021年 6月12日 (土)から発売します。


クロノオフショア 1 は2007年に発表した現行モデルです。グランドセイコー腕時計 艶やかで存在感のあるセラミックベゼルや、チャンピオンナンバーを表す 1時位置に配したアラビアインデックスなど、力強さを演出するデザインを纏っています。


今回発表するクロノオフショア 1 の新作ウォッチは、パワフルな存在感に加え、エレガントなディープグリーンの文字盤、 同系色のベゼル、ダイヤモンドを配した 1 のアラビアインデックスと、ピンクゴールド PVD を施したケースでエレガントさをプラスしました。
文字盤には、美しい光沢感のあるサンレイ加工を施しており、見る角度や光の当たり方により様々な表情を見せることも魅力の一つです。



CHRONOFFSHORE-1
「クロノオフショア 1」 は、海のF1とも称されるスリリングで迫力のあるパワーボートの世界観を投影したフラッグシップコレクションです。世界最高峰の国際モーターボートレース大会 「クラスワン パワーボート世界選手権」 との出会いによって生まれました。



1200馬力のエンジンを 4基搭載するマシンを使用し、海上で繰り広げられるエクストリームなレースは、追求に追求を重ねる時計製造への姿勢を貫くエドックスと高い親和性があります。35mm厚以上の重厚感のあるマッシブなセラミックベゼルが、エクストリームさを表現。オートヘリウムエスケープバルブを備えた飽和潜水500m 防水の高性能をコレクションの標準スペックとして展開しており、 デザインも品質もタフな仕上がりとなっています。

ヴァシュロン・コンスタンタンとスポーツウォッチの展覧会が 2021年7月5日~8月23日の期間、全国のブティックで開催

ヴァシュロン・コンスタンタンとスポーツウォッチをテーマとする展覧会が、2021年7月5日~8月23日の期間、全国のブティックで開催される。

今でこそ、スポーツ・ウォッチはマーケットの主流分野となっているが、もともとは「計測」という、実用性と精密性を兼ね備えた、どちらかといえば実験的な分野からのニーズに応えるためのものであった。260年以上の長い歴史を通じて、スイス精密機器分野でも先頭を走ってきたメゾンは、1930年以来、科学者やスポーツ選手に向けた画期的なクロノグラフを開発してきた実績をもっている。今回の展覧会は、このようにヴァシュロン・コンスタンタンが時代に先駆けて製作してきたスポーツウォッチと精密機器に焦点を当てた展覧会であるが、 もうひとつのトピックは、現代のいわゆる"ラグジュアリー・スポーツ・ウォッチの流れだろう。1977年に創業222周年を記念して製作された「222」モデルのインスピレーションが、やがて20年の時を経て、現在の「オーヴァーシーズ」コレクションの源となったことを再確認できる、いろいろな意味で興味深いエキシビションでもある!



●①18Kイエローゴールド懐中時計クロノメーター、②ステンレススティールとゴールドのパルスメーター・クロノグラフ Ref.4072、③ステンレススティールの「222」のケースとブレスレット一体型、ブラック ダイヤルに日付表示1978年



時計技術と複雑機構への熟達で名を馳せるヴァシュロン・コンスタンタンは、時間測定や精密機器の分野でも傑出した存在でした。この専門技術は、とりわけ自社のクロノグラフに活かされ、製品は科学者や探検家、アスリートに愛好されました。1977年にヴァシュロン・コンスタンタンは、のちにスポーツウォッチの世界で存在感を放つことになる新しい時計をもって222周年を祝いました。パネライ 時計 レディースこの流麗なラインにエレガンスが漂うモデル「222」は、「オーヴァーシーズ」コレクションにインスピレーションを与えました。日本で開催される展覧会では、その素晴らしい歴史を振り返ります。


スポーツウォッチとは、正確無比な精度が備わる機器であるのと同時に、活動的なライフスタイルで遭遇するさまざまな課題にも対応できるモデルです。ヴァシュロン・コンスタンタンは、技術的な必須条件を極めてエレガントなデザインとマッチさせて、この両面の特徴を常に時計に表現してきました。
創業当初から時計製造における最も精密な複雑機構に精通していることで知られるヴァシュロン・コンスタンタンは、科学者や探検家たちの要求に応える完璧な時計の開発では早い段階から群を抜いていました。
1850年から20世紀初頭に製作されたこれらの懐中時計は、信頼性と正確さが高い評価を得ました。精度コンクールで数々の受賞に輝いたそれらは、高精度で頑強を極める時間計測機器としてさまざまな軍から当然注目を浴びることになりました。



●① ゴールドとステンレススティールの「フィディアス」GMTワールドタイム、②ステンレススティールの自動巻きクロノグラフ「オーヴァーシーズ」、③ステンレススティールとチタンの自動巻き「オーヴァーシーズ」第2世代モデル

ヴァシュロン・コンスタンタンにとって、20世紀初頭の腕時計の出現は、クロノグラフの製造で自社の専門技術を発揮するのに好都合でした。そして、のちにクロノグラフはスポーツ関係者の間で標準的に用いられるようになります。微小な単位の時間計測が可能なクロノグラフは、スポーツと旅の比重が増すライフスタイルの中で、本来のエレガントな趣を一切失うことなく時代の要求に合わせ、何十年に渡り絶え間なく改良を重ねてきました。
それを実証するのが1950年代の「ターノグラフ Ref.6782」です。このモデルは、威信を誇る高級時計メーカーが発表した初のスポーツウォッチと広く見なされています


「222」ウォッチ
1970年代以降、クォーツムーブメントの影響のみならず、以前より大胆なデザインを熱望する顧客に応えるためにも、時計産業は根本的な変化を迫られました。束縛が解かれたこの時代は、時計づくりに常識を超える奔放なアプローチが登場します。ステンレススティールを用いたブレスレット一体型の造りで、視認性の高いダイヤルが備わる頑強な時計です。こうした時計が70年代当時のライフスタイルに応えるスポーティ シックという新しい製品分野を生み出したのです。ヴァシュロン・コンスタンタンは、222周年を迎えた1977年にこの新しいトレンドを自ら表現するモデルとして「222」を発表しました。この時計は、若きデザイナー、ヨルグ イゼックのイマジネーションから誕生しました。超薄型の自動巻きムーブメントを搭載し、画期的な「エンジン」を積む点ではクラシカルと呼べますが、スリムで頑強なケースを切り込みの入ったベゼルやブレスレットで強調したデザインは、時計づくりのあらゆるルールを打破するものでした。

ブルガリより新作「ブルガリ アルミニウム GMT」が登場

旅、それはタイムゾーンを越え、すべてから解放されること。 この1年半の間、旅することは封印されてきましたが、夏の終わりと共に旅行への期待が高まる中、一足早くその気分を味わえる「ブルガリ アルミニウム GMT」が2021年9月に発売されます。


「ブルガリ アルミニウム」は、改めて紹介するまでもありません。アルミニウムで作られ、ラバー製のベゼルを 備えた初のラグジュアリーウォッチとして1990年代後半に伝説的存在となったこのタイムピースは、オリジナル モデルの都会的で型にはまらない、ある種の“クールな雰囲気”を継承し、さまざまなシーンに見事にマッチします。

「ブルガリ アルヴミニアム GMT」(GMTはグリニッジ標準時の略。かつては世界標準時を意味するユニバーサルタイムとも呼ばれていましたが、現在、世界標準時はUTC(協定世界時)と改称されています)は、視線を引き付けるモダンなオリジナルモデルの後継者にふさわしい逸品です。
アルミニウム製のケース、ブルーのベゼル、ラバーストラップなど、アイデンティティの基礎として欠かせない要素はそのままに、24のタイムゾーンを横断するという旅好きならば見ずにはいられない夢を表現した、現代的な機能が追加されています。1998年に発売されたモデルは、当時、大陸間を定期的に往復していたアリタリア航空のジャンボジェット機ボーイング747のカラーリングにも採用されるほど人気を博しており、新しいタイムピースもそれに敬意を表しています。


「ブルガリ アルミニウム GMT」は、ホームタイムとローカルタイムの両方を表示でき、使いやすく、時刻がわかりやすいのが特徴です。ホームタイムは従来通り、時針と分針が文字盤の内側にある目盛りを指し、ローカルタイムは、先端が赤い針が文字盤外側の24時間スケールを指す形で表示されます。この文字盤外側のトラックは12時間ごとに色の異なる2つのゾーンに分かれており、その時々のタイムゾーンに応じて調整し、昼と夜を区別する役割を果たします。なお、設定はすべて、リューズを使用して簡単に行うことができます。「ブルガリ アルミニウムGMT」は機能的であることは言うまでもありませんが、それ以上にタイムゾーンに関係なく世界中に通じる魅力を発信します。新たな明るい未来を予兆させる今、「ブルガリ アルミニウム GMT」は旅に出るための新たなツールとなったワクチン パスポートと共に、旅路の最高のパートナーとなるでしょう。

ラグジュアリーとスポーティの融合。


「クロノオフショア1」シリーズは、高精度、高い防水性、耐衝撃性といった性能を備え、水上を毎時257kmのスピードで駆け抜ける海のF1としても知られる「パワーボート」にも採用される、セラミックやステンレスなどのハイテク素材を時計に採用した、タフで機能的なコレクションです。


  このフラッグシップコレクション「クロノオフショア1 オートマチック」シリーズに、ベゼル、ダイアル、ストラップすべてがホワイトに統一された待望の新色が登場致します。チュードル 時計タフでハイスペックな本格ダイバーズウォッチでありながら、爽やかでスタイリッシュなタイムピースです。ヴァルジュー7750ベースの自動巻きクロノグラフムーブメントを搭載し、ケース径45mm、500m防水性能で、ケースバックにはパワーボートで重要なプロペラを模した彫刻が施されています。


  エドックスは、ダカール ラリー、エクストリームセーリングシリーズ、ワールド カーリング フェデレーションの公式計時や、フリーダイビングの世界記録保持者で、アイスマンことクリスチャン・レデルをサポートしています。



Chronoffshore1 Automatic
クロノオフショア1 オートマチック
Ref.:01114-37N-BUIN-L(写真左)、01114-3B-BN(写真右)
ケース径:45mm
ケース素材:316Lステンレススティール(01114-37N-BUIN-LのみブラックPVD加工)
防水性:500m
ストラップ:ホワイトラバー(エドックスロゴのエンボス加工/01114-3B-BN)、ホワイトステッチのブルークロコダイル(01114-37N-BUIN-L)
ムーブメント:自動巻き、cal.Edox011(Val.7750ベース)
仕様:時針、分針、秒針、クロノグラフ、ハイテクセラミックベゼル、パワーボートのプロペラを模したケースバック、ブルーカーボンダイアル(01114-37N-BUIN-L)
予価:¥370,000(税抜/01114-3B-BN)、¥400,000(税抜/01114-37N-BUIN-L)

ローズゴールドに包まれたパトス。心斎橋大丸だけの特別モデル


「情熱に身をゆだねて」―ギリシア語に由来する言葉「パトス」は体の中から沸き起こるような感情、情熱を意味します。カール F. ブヘラの新しいレディースコレクション「パトス」の中でも、上質なローズゴールドに包まれたモデルは暖かみのある上品さを添えた優美なレディースウォッチです。


  多面性を持ち、個性豊かに、そしてあふれる情熱をもって。カール F. ブヘラのパトスコレクションは全ての女性が持つ魅力を賛美するものです。ルツェルンの老舗ブランドの最新モデル、ローズゴールド製パトスは、気高さと情熱を結び付け、上品で人の心をとらえる時計です。



人を惹きつける独特のデザイン


  日本で2016年から発売予定のパトスコレクションは、独特の素晴らしいデザインを特徴としています。ケースの側面、ダイアルの周りの独特な線細工は、気高いオレオールをイメージしています。アート作品のように巧みにケースにはめ込まれた線細工を通した光が、無数の魅力的なファセットに光を反射させ、まるで絵画に描かれた気高い天使の後光のようにやさしく輝きます。


  中でもパトス ローズゴールドはその暖かみのある色が、心から湧き上がる情熱を表現しています。隠すことのできない魅力を繊細な光で優しく表現したパトスコレクションによって、スイスの時計ブランド、 カール F. ブヘラは情熱の新しいかたちを表現します。


  このたび、この新しいレディースコレクション「パトス」から、ローズゴールドにダイヤモンドをあしらったモデルを心斎橋大丸限定として発表いたします。人生を豊かに、活き活きと生きる女性たち。そしていくつもの表情を見せる女性には、きっとこのパトス ローズゴールドが彩りを添えます。

  パトス心斎橋大丸限定モデルは、ワールドウォッチフェアにて取扱がスタートします。

2021新作 1940年代から続くオメガ クロノグラフ ウォッチへのオマージュ。オメガ「スピードマスター クロノスコープ」


2021年新作としてオメガより「スピードマスター クロノスコープ」が登場します。2021年10月1日より全国のオメガブティック、および正規販売店で順次発売が開始されます。

  クロノスコープのデザインには、オメガの歴史に対するオマージュが表れています。1940年代の オメガのクロノグラフ腕時計に採用されていた“スネイル”デザインがダイアルに施されているほか、20世紀の特徴であるリーフ型の針や、ダイアルのアラビア数字の下をエレガントに流れる“スパイラル”トラックパターンも取り入れています。



オメガ スピードマスター クロノスコープについて

 このコレクションは、1940年代から続くオメガのクロノグラフ リストウォッチの歴史からインスピレーションを得て誕生しました。クロノスコープという言葉は、ギリシャ語の伝統的な2つの表現を 組み合わせたものです。時間を意味する "Chronos:クロノス "、そして観察することを意味する"Scope:スコープ "からなり、ある事象の持続時間を正確に把握するための装置を意味します。今回、新たに発表した43mmサイズの「スピードマスター クロノスコープ」は、この機能を見事に、しかも多様性を持って実現しており、精巧な文字盤に以下の3つのスケールがプリントされています。

 タキメーター:距離をもとに速度を計測
走行距離をもとに走行速度を計測します。スケールは特定の2地点間の平均移動時間を測定する ため、移動距離がマイルでもキロメートルでも関係ありません。

 テレメーター:音速をもとに距離を計測
シンプルな2つのステップを踏むだけで、現地点と対象物との間の距離を正確に計測できます。例えば雷など、目に見えて音も聞こえる物からの距離です。

 パルスメーター:心拍数を計測
遅すぎるのか、速すぎるのか、またはちょうどいいのか?30回の脈拍の計測で 1分間の心拍数が わかります。自分の心拍数だけでなく、他人の心拍数も測れます。



バリエーション

 今回は、ポリッシュ&ブラッシュ仕上げのステンレススティール製のモデル6種類と、オメガ独自のブロンズゴールドを使用したモデルの計7種類が揃います。

 ステンレススティールには、シルバーダイアルにブルーの針、ブルーダイアルにロジウム加工の針、シルバーダイアルにブラックのサブダイアルを配した“パンダ”ダイアルがあり、それぞれにブレスレットとレザーストラップがラインナップされています。ラグ間21mm/バックル部分16mmとテーパーをかけたデザインのブレスレットは、特許取得のコンフォートリリースシステムによって、2.3mmまで 2段階の調整が可能です。ベゼルリングは、ブルーまたはブラックの陽極酸化アルミニウム製です。

 ブロンズゴールドモデルは、酸化処理によって特別な風合いに仕上げたブロンズダイアルに、オパリンシルバーのサブダイヤル、ブロンズゴールドPVDコーティングを施したリーフ型の針とアラビア 数字を採用しています。ポリッシュ仕上げのブラウンセラミック製ベゼルリングのタキメーター スケールは、オメガ初となる“ヴィンテージ”エナメルで施されています。レザーストラップのラグ付近にステッチをあしらったヴィンテージ風のストラップには、ポリッシュ&サンドブラスト仕上げの ブロンズゴールド製バックルが付いています。ブロンズゴールドモデルは2021年11月発売の予定です。

* ブロンズゴールドはオメガが開発した唯一無二のブロンズ合金です。50%の銅のほか、37.5%のゴールド、パラジウムや銀など不活性な成分を豊富に含んでいます。美しいソフトピンクの色合いが特徴的で比類のない耐腐食性を備えており、緑青を発する ことなく、ブロンズならではの経年変化も楽しめます。

2021新作 誕生20周年を祝うブルーのダイヤルを備えた限定エディション。A.ランゲ&ゾーネ「ランゲマティック・パーペチュアル」


ランゲマティック・パーペチュアルは、ランゲ・アウトサイズデイトと永久カレンダーを組み合わせた初めての機械式腕時計として発表されました。このモデルは、ゼロリセット機能やすべてのカレンダー要素を同時に進めるメイン調整プッシャーといった小さいながらも精巧な機械的特徴で、他のカレンダー機能搭載モデルと一線を画します。誕生20周年を祝い、ブルーのダイヤルをホワイトゴールドケースまたはピンクゴールドケースに収めた記念エディションがそれぞれ50本限定で展開されます。

 ランゲマティック・パーペチュアルは2001年3月、永久カレンダー、ランゲ独自のアウトサイズデイト表示、ゼロリセット機能、そしてすべてのカレンダー要素を一斉に進めるメイン調整プッシャーを搭載する初めてかつ唯一の自動巻き時計として発表されました。これらの機能を同時に搭載する時計は、今日でもランゲマティック・パーペチュアルだけです。この類い希なる時計の開発と息の長い人気の陰には、ギュンター・ブリュームラインを中心とする情熱にあふれたチームの貢献がありました。ブリュームラインは、新生A.ランゲ&ゾーネの共同設立者で初代CEOを務めた人物です。彼は、時計の美と手作業による完璧な仕上げを融合させるために全力を尽くしました。ランゲマティック・パーペチュアルでそれが見事に実を結んだのです。そのランゲマティック・パーペチュアルが発表されたのは、彼が早世した数か月後のことでした。そして2021年、この時計の誕生20周年を記念して、ホワイトゴールド仕様とピンクゴールド仕様がそれぞれ50本限定で展開されます。

 ランゲマティック・パーペチュアルの新しいバリエーションでは、どちらの仕様でもシルバー無垢製のブ ルーのダイヤルが収められています。フルーティング模様を型押しした深いブルーのダイヤルに、ローマ数字が立体的にくっきりと浮かび上がります。そのローマ数字は、ホワイトゴールドモデルではロディウム仕上げのゴールド製、ピンクゴールドモデルではピンクゴールド製で、それぞれの針、アプライドインデックスおよびムーンディスクと同じ素材です。時、分、曜日、月表示に夜光針を採用し、時インデックスも 夜光性です。ダークブルーのレザーベルトにホワイトゴールドまたはピンクゴールド製のピンバックルを取り付け、時計全体の調和を整えています。



独創的な永久カレンダー
 ギュンター・ブリュームラインが生前、あるインタビューで次のように答えました。「私たちが重視している指標は、技術革新とデザインの差別化です」。オーデマピゲ 時計 レディースそして、「私たちの時計は、クラシックで控えめな外観で、気取りがなく機能的、そして本質的にドイツ的であることが必須です」と語っています。A.ランゲ&ゾーネでは、それを追求する中で、わずかな違いを多数のディテールに反映させようとする風土が醸成されてゆきました。ランゲマティック・パーペチュアルは、あらゆる面でその大きな期待に応えています。

 ダイヤルは情報を階層化する原則に基づいてデザインされ、カレンダーの各表示要素は直観的に最も読み取りやすいようになっています。アウトサイズデイトは、最も重要なカレンダー要素として目立つ位置に配置されています。左のサブダイヤルは曜日、右のサブダイヤルは月を表示します。この永久カレンダーは、うるう年を含む4年周期で月ごとに異なる日数を正確に示します。時計を一旦正しく合わせれば、計算上、2100年まで日付を手で修正する必要はありません。6時の位置にあるスモールセコンドに統合されたムーンフェイズ表示も、実際の月の満ち欠けが1日分の誤差に達するまで122.6年もかかるほど緻密な計算に基づいて設計されています。カレンダーのすべての表示要素は、10時位置にある埋込み式のメイン調整プッシャーで同時に進めることもできれば、別の調整プッシャーで個別に進めることもできます。



自動巻き式時計の傑作
 自動巻きキャリバーL922.1 SAX-0-MATは、ランゲが開発したゼロリセット機構を搭載しています。リューズを引くとテンプが停止して、秒針が瞬時に帰零します。これにより、時刻合わせが素早く容易にできます。両巻上げタイプのローターは、時計を短時間だけ装着しただけで最大46時間ものパワーリザーブを蓄えるのを助けます。このローターは21Kゴールド製でプラチナ製分銅を備えており、4分の3プレートに取り付けられています。そのため、ハンドエングレービング入りテンプ受けと昔ながらのスワンネック形緩急調整装置を組み込んだ調速機を時計裏側から見ることができます。

 ムーブメントの厚みを5.7mmに抑え、ケース直径38.5mm、高さはわずか10.2mmという薄型の時計を実現しました。細部に至るまで職人の手によって完成されたランゲマティック・パーペチュアルは、永遠の芸術品と言って過言ではないでしょう。すべてのランゲ自社製キャリバーに適用される二度組方式は、妥協のない高品質を追求する姿勢の表れです。それは目には見えなくても、時計を着用すれば感じられるものです。

ベル&ロス(Bell&Ross) ファッションのプロが語る、


航空計器からのインスパイアによってデザインされたミリタリーウォッチ。スクエアタイプのセラミックケースを採用しており、コーディネートのアクセントになる個性的な腕時計を探している方におすすめです。

形状をフラットにして光の反射を抑えた、サファイアクリスタルの風防を採用。防水性能に優れているため、さまざまなシーンで活躍するアイテムです。



1940年代のパイロットウォッチを現代的にアップデートさせたミリタリーウォッチ。視認性を高めるためにミニッツスケールや秒針に配した、ポイントカラーのオレンジがデザインのアクセントになっています。

ケースやベルトの素材はステンレスで統一しており、ビジネスシーンに馴染みやすい落ち着きのあるルックスが魅力。裏側がシースルー仕様となっているので、自動巻きムーブメントが動く様子を目で見て楽しめます。



インデックスとして分を示すアラビア数字があしらわれた、ユニークなミリタリーウォッチ。すっきりとしたフォルムのステンレスケースは径38.5mmと程よい大きさで、気軽に装着できます。

傷が付きにくいサファイアクリスタルの風防を採用しているのもポイント。ブラックの文字盤にブラウンのレザーベルトを合わせて、シックなデザインに仕上げています。

ページ移動