記事一覧

シチズンの最注目モデル、キャリバー0200を搭載したザ・シチズンの新作は8月26日発売!

待望の新生メカニカルモデルがついに発売
 シチズンは、新型メカニカルムーブメント、キャリバー0200を搭載した新作「ザ・シチズン メカニカルモデル キャリバー0200」3モデルを、2021年8月26日から特定店限定で発売する。シチズンが高級機械式時計というジャンルに完全復帰を果たした今年、本作に注がれる愛好家からの視線は熱い。



シチズン「ザ・シチズン メカニカルモデル キャリバー0200」(左)NC0200-90E、(右)NC0200-81L
ブルーとブラックのダイアルを採用した、特定店限定のレギュラーモデル。スーパーコピー時計近年のトレンドである“ラグスポ”を彷彿とさせるデザインで、ケースと一体感のあるブレスレットは快適な装着感をもたらす。自動巻き(Cal.0200)。26石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約60時間。SSケース(直径40mm、厚さ10.9mm)。5気圧防水。静態時の平均日差-3秒〜+5秒。特定店限定モデル。各60万5000円(税込み)。2021年8月26日発売予定。「シチズン オーナーズクラブ」への登録により5年間無償保証・無償点検でサポート。
 ザ・シチズンの最新作に搭載されたキャリバー0200は、90系を製作した2010年以来、シチズンが約11年ぶりに開発した自社開発の機械式ムーブメントである。シチズングループ傘下のムーブメントメーカー、ラ・ジュー・ペレ社の協力を得て製作されたこの機械は、平均日差−3〜+5秒というスイスのクロノメーター検定の認定基準を超える高い精度を実現している。



ラ・ジュー・ペレ社の技術を活かした美しいパーツの仕上げもさることながら、高級機と呼ぶにふさわしいスペックを備えている。精度を左右するテンプにはフリースプラングを採用し、アンクルやガンギ車などの脱進機のパーツはLIGA工法で製作。自動巻きは、少ない腕の動きでも巻き上がりやすいとされている片巻き上げ式で、これまでの弱点だった短めのパワーリザーブは約60時間まで延長することに成功している。

 このモデルの新しさを象徴するのはムーブメントだけではない。ケースとブレスレットに一体感をもたらすラグの無いデザインは、シチズンのアーカイブからも着想を得たもので、こちらも高級機らしい仕上げである。複数の平面や曲面で構成されるケースデザインは力強い印象を与え、粗めのサテン仕上げと鏡面仕上げとのコントラストが際立つ。またケースの直径は40mmで、日本人の手首に快適な装着感をもたらす程良いサイズだ。



シチズン「ザ・シチズン メカニカルモデル キャリバー0200 数量限定モデル」NC0200-06A
ホワイトダイアルと、ブラックのワニ皮ストラップを組み合わせた55本の限定モデル。パテックフィリップ 偽物トランスパレント仕様の裏蓋から鑑賞できる自動巻機のローターは、K22ゴールド製だ。自動巻き(Cal.0200)。26石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約60時間。SSケース(直径40mm、厚さ10.9mm)。5気圧防水。静態時の平均日差-3秒~+5秒。特定店限定55本。82万5000円(税込み)。2021年8月26日発売予定。「シチズン オーナーズクラブ」への登録により5年間無償保証・無償点検でサポート。
 本作で用意されたダイアルカラーは、レギュラーモデル用のブラック、ブルー、限定モデル用のホワイトの3種類。そのうちブラックとホワイトには電鋳手法による模様が施されており、細かな凹凸が独特の陰影を作り出す。一方でブルーダイアルは、サンレイパターンに塗膜研磨を施した光沢感のある仕上がりが特徴。スモールセコンドとの質感の対比も見物だ。


【関連記事】:品鑑高級時計

コメント一覧

時計業界の新作発表 URL 2021年08月26日(木)15時12分 編集・削除

ファッションニュースに関する情報と記事の一覧ページです。 ファッションやビューティ、海外セレブの最新情報をいち早くお届けします。