記事一覧

父の日オリンピックのウェイトリフティング女子選手が父親に時計を贈る

個性の表現として、時計は欠かせないアイテムであり、装いやシーンに応じて、ぜひ使い分けたいもの。何本もの時計を所有したいところだが、とはいえ、よほどの愛好家でない限り難しいのが現実。そこでM.E.は「仕事?ドレス」、「ビジカジ?休日」「休日のレジャー」の3つのシーンをそれぞれ満たせる時計が1本ずつあれば、究極、どんな場面にもフィットすると考えた。

若手ホープタイプのあなたは?
若手ホープのプロフィール
手堅さの中にも主張があるやり手ならではの3本使い
営業職のエース時計は、綺麗な青文字盤のモデル。ソリッドなメタルブレスに加え、文字盤9時位置でメカもチラ見せする、主張のある1本だ。華奢なドレス時計は自分には早い。精力的で若々しいイメージの演出が重要と考えているのだ。タグホイヤー 時計 修理価格も実は大切。ビジネスでは年相応な、控えめな価格のものが無難。このほか仕事にはレトロな二つ目クロノも愛用。こちらはジャケパン姿によく合い女性と出かけるときにも重宝。そしてもっとくだけた装いには、ゴールドのデジタル時計が最近の定番。カジュアルのリッチなアクセントとなるそれには、かつてブームの洗礼を受けた者からの視線が集まるのも気に入っているようだ。

オリエントスターのセミスケルトン ORIENT STAR
オリエントスター
セミスケルトン
服を選ばない普遍のデザインにして、美しいブルー文字盤で誠実な人柄も演出できるバランスのいい1 本。12時位置のパワーリザーブ表示や9 時位置のオープンワークにより、個性も主張できる。自動巻き(手巻き付き)。径39.3mm。SSケース&ブレス。シースルーバック。6万6000円(オリエント お客様相談室)

【関連記事】​​​​​​​: 各種ブランド腕時計のメンテナンス