記事一覧

耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”より、シリーズ最薄のスタイリッシュな“G-STEEL”登場


今回ご案内します『GST-B400』は、これまでの“G-STEEL”で最も薄型となるケース厚12.9㎜とスタイリッシュなデザインを実現。モジュール内の部品数を減らし小型化すると同時に、配列を最適化し高さ方向を抑えた高密度実装により、薄型化と高機能を両立した新モジュールを搭載しています。フランクミュラー 時計 中古また、新モジュールの採用によるシンプルな2針化とBluetooth®システムのローパワー化で、従来モデル(「GST-B200」との比較)に比べ消費電力を55.7%低減させました。これにより、文字板に取り込む光が少なくなったため、ソーラー透過率を抑えた文字板への自由なデザインが可能となり、ブリッジパーツをあしらうなどメタルの質感が増すフェイスの表現力が広がりました。さらに、9時位置にはモードやバッテリー状態を表示するディスク針を備えるなど、視認性にもこだわっています。

『GST-B400AD/B400BD』には、高発色で個性的なカラーリングを実現する多層膜蒸着文字板を採用しています。透明な膜を何層にも重ね合わせ、光の見え方をコントロールして蒸着色を表現する手法を用い、試作を重ねながらシックなブルーと新開発の深みのあるレッドの蒸着色を施しました。

機能面では、専用アプリとの連携による自動時刻修正機能や、ボタン操作で時刻と位置をアプリの地図上にログとして管理できるタイム&プレイス機能、アプリで作成した予定を時計がリマインド通知するリマインダー機能、暗所での視認性を確保する高輝度ダブルLEDライトなど、利便性にも優れています。


いつもの「ややこしい技術」記事ですが、題材が題材なだけにアクセスが良いようで、なんと2021年3月21日現在、週間ランキング一位を頂くことができました、ありがとうございます。
前回の記事では二つの特許技術のうち、ステップセコンドを実現するCH707181A2だけを引用しましたが、ソヌリモードに関する特許、CH706080B1を読むことで、ソヌリの仕組みをより詳細に理解できましたのでレポートします。

ソヌリは独立した香箱を持ち、あらかじめ巻き上げられたエネルギーを必要に応じて解放することで鐘打ちを行う仕組みで、必要に応じてスライダで巻き上げるミニッツリピーターとはこの点が異なります。

前回と多少被りますが、ソヌリの仕組みを見ていきましょう。


ソヌリの時刻情報を読み取るラックには常に駆動軸からのトルクがかかっていますが、起動シーケンスで一瞬この力が切り離され、各ラックに設けられているスプリングによってラックがスネイルに突っ込み、「戻り量の大きさ」として時刻情報を読み取ります。
その後、再度駆動力が接続されるとラックが引き戻され、距離に応じた回数の鐘が鳴ることで時刻を知らせる…というのがソヌリの基本原理です。

この「切り離す」仕組みをより詳細に見てみようというのが今回の趣旨になります。

コメント一覧

最新の人気腕時計 URL 2021年12月03日(金)13時02分 編集・削除

ファッションビジネスに直結する最新情報をいち早くお届けします。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー